ふか~いところにある筋肉の凝り

超音波エコーでどの部分が凝っているか一目でわかります。

深い部分の筋肉が凝っている場合はその深いところをほぐさないと凝りの解消にはなりません。

だからマッサージに行ってほぐしてもらっても数日で戻ってしまうわけですね。 超短波治療 指で触ってみると、その触っている部分はなにもないのにおくの方に行く。

波長の短い電波で筋肉の深いところまでピンポイントでほぐしていく。 広範囲で温かくなる。 15分間この治療を受けると筋肉が柔らかくなっているのが分かり、一ヶ月ほど続きます。

この柔らかい状態の内になるべくストレッチやトレーニングをして持続させることが可能です。 そうすれば肩こりを根本的に解消ができるわけです。

深い筋肉が温まると酸欠状態が解消されてこりが取れる。 肩こりが痛く体の中心痛くなる場合は心臓の病気を疑うことが出来るの病院に行くべきです。

コメントは受け付けていません。