たまには良いときもある

去年からシリーズものを制覇していた本がドラマ化になっていました。
主人公は女優さんが美人すぎる感はありましたが、けっこうよかったです。
ただ原作とかなり違う人がキャスティングされていたのは残念ですね。
レギュラーなのに、この人演技経験あるの?ってアイドルの人でした。
ストーリーなど大まかに変更されているところはなさそうでした。
主人公がちょっとかわったイントネーションで話す言葉があるんです。
そこは私のイメージ通りのイントネーションだったのが、映像化して良かったところですかね。
あとはBGMや小物など映し方が綺麗だなと思いました。
映像に拘りのない素人なのに目をひいたというのは凄いですよね。
ドラマ化は良くない事の方が多いけれどこれは見続けようかと思います。

コメントは受け付けていません。