太りすぎ薬剤師のお話し

一目で太りすぎ!な先輩薬剤師がひざについて話したがったので大人しく聞くことにしました。
ひざ関節は水でおおわれているのでその指令がヒザのいたるところで感知してしまう。
そうやってヒザの痛みが広がっていくんだそうです。
その司令官の名前は、NF-カッパBと言います適度な運動というよりも、穏やかな運動が必要になってきます。
ゆっくり動かすことによって改善できます。
椅子に座ったまま足を床にこすりつけるように前にしたり後ろに引いてみたりする。
30センチぐらい5秒くらいかけてヒザを緩やかに軽く動かす。
寝転がったらヒザをたててやることも良い。
一日20分ウォーキングをするのと同じ効果があることがわかりました。
痛いからといって全く動かさないと、NF-カッパBが活性化しようとして痛くなるそうです。
うちの両親にも教えておきたい話題でした。

コメントは受け付けていません。