飲酒運転撲滅に向けての研究

ホンダと日立の飲酒運転撲滅に向けての研究の一部を知りました。
自分が運転する鍵に息を吐くと、飲酒している場合はそれを検知してエンジンがかからないというもの。
原始的な気もしますけど車が動かないのであれば飲酒運転をしようと思っても出来ず、素晴らしいことだと思います。
車の鍵と飲酒検知器ですね。
技術的には出来ていても普及が難しいといのが難点です。
自分は大丈夫だと思う人や飲酒して運転する人は買わないんですよね。
確かにそうですよね。
高齢者の交通事故も自分は大丈夫だという、こちらからしたら意味不明であいまいな自信で運転してしまうんですよね。
急発進や自動ブレーキも含めて標準装備になるのが一番かな。
税金の待遇とかで利点をつけて普及させてほしいです。

コメントは受け付けていません。