毒島さんが刑事だったころの話し

中山さんの「毒島刑事 最後の事件」を読みました。
犬養さんの先輩でもある毒島さんが刑事だった頃のお話しです。
タイトルを見たときに、他の本で読んだ人だなとすぐにわかりました。
なんせ、毒島(ぶすじま)さんですからね。
本の登場人物でなければ読めない名前です。
最初に毒島さんが出てきた時も思いましたが、やっぱりこの人が犯人側じゃなくて良かったです。
彼に勝てる人なんているんでしょうかね。
今後は毒島さんのプライベートが知りたいなぁと思いました。
家族のこととかどうなっているの不明だし、分かり合えるような間柄の人はいるんだろうか。
事件そのものよりも、毒島さんに対する謎が深まるばかりでしたよ。(笑)
近くにはいて欲しくないけど今後の活躍にも期待します。