貧血は重病のサイン

貧血は重病のサインとも言われています。
誰もがなったことがある貧血ですけど危険なものもあるわけです。
赤血球にヘモグロビンが含まれて酸素を運ぶ役割を担っています。
正常な状態は体中に運搬しているが、赤血球かヘモグロビンが減ると運べる酸素の量が減ってしまいます。
そうなるとどうなってしまうかと言うと
酸素が少なくなるので動悸、息切れ、全身の倦怠感があります。
腫瘍が出来てしまうと、自ら完治できないので慢性的な出血が起こり血液が不足して貧血になるのです。
ガンが貧血を引き起こす場合があります。
つまり貧血でガンを早期発見が出来るということです。
自覚症状のない貧血もあるので、健康診断の数値をちゃんと見ることが大切です。