息切れとストレスの実験

電気ショックを与えるとストレスの実験ができる。
2分間の内にいつか電極を流してストレスを起こさせる。
予期不安…不安にさせるだけの実験
正常時よりもほとんど全員が呼吸数が増えて
呼吸筋の動きは脳の指令で動くということをご存知ですか。
ストレスがかかると指令がいるってしまうのです。
肺を動かしたあとに吸ったという回答を脳に出す
吸う指令が受けたのに、吐いたという間違った情報のやり取りが行われて
正しい呼吸ができなくなってしまいます。
肺の中の残機量を減らしてきちんと呼吸をする方法があります
良い呼、悪い呼吸というものがあります。
残機る両が少なくて、呼吸数が少ないのが良い呼吸です。
機能的残機量は年齢と相関しますのでご注意を。