品質は大事

はじめてコストコという存在を知ったのはテレビを見ていてからkです。「
コストコは安いけど、海外のものが多くて商品品質は微妙なんじゃないかと思っていました。
ディスプレイをしないで、商品が積みあがっているだけという結構衝撃的な光景でしたよ。(笑)
でもそれで安くなるならいいですよね。
なんでもたくさん入っている商品は、グループで買い物に行って分けるとお得なんだとか。
安いのが一番ですけど、日本製以外のものが多いみたいだし品質はどうなんだろうかと思ってしまいます。
しかしコストコのシアトル本社ではトイレットペーパーも一週間くりあかけて品質チェックしています。
激安だけど、安かろう悪かろうということがないようにしているわけですね。
7割が会費で得ているから安いそうです。

実は転職が難しい薬剤師職

薬剤師という職業は、やはり失敗から、大事に至る事もありますから、その役目は非常に大きい職業と言えますが、またそういう点からも専門職であるというイメージが強い職業でもあります。

実際、薬剤師という資格を取得するには、大学における卒業が必要となり、専門的な分野の中でもその色が非常に濃い職業である事も確かです。 又、就職に関しても、他職業なら、就職難といえるのに、専門職である資格を持つ方の場合は、パワーもあります。

そもそも薬剤師も医師同様に、誰しも簡単になれる職業ではないですし、気軽にチャレンジできるという職業でもないですから、敷居が高めであるといえ、その分競争相手も少ないと思われるので、仕事に就けやすいというメリットはあります。 しかし、専門職は、その分フットワーク面を考えると、非常に重たいという事が考えられ、その面では、専門職といえどもデメリット部分とはなります。

要するに、転職がしづらい傾向にあると言えますが、それには、転職をするにあたり、当然ある程度自分自身が培った経験であるとか、知識、能力を現状で保持 している資格が通用できるものですから、そうした場所を活かせるところを目指す事となりますが、薬剤師に関しては、その能力や資格を活かせる職場というも のが、それほど多くない点において、転職が難しいのでは?と考えるのです。

例えば、医療機関において、薬剤師職をしていた方が、結婚や出産を機に、別の就職先をと考えた時、薬剤師の転職先とは、調剤やドラッグストア、製薬会社等 が存在するものの、極端にいえば、その数数種類程度しかない、ということになりますから、こうした点から、薬剤師の転職は、意外に難しいのではないか?と 考える部分も多いのですが、仮に、薬剤師の方が、コミュニケーションには、自信が無いという方であれば、当然、転職するにも選択肢が、狭まってしまいます から、薬剤師の転職は、実は、難しいのかも?と考えます。

薬剤師を目指すにあたり、薬剤師とは、実にやりがいも大きく、充実感を得られる職業であるとは、いえますが、薬剤師の資格を取得される方すべてが、人との対話に自信のある方ではなく、中には内気な方も存在する事となります。 そうなると、昨今の薬剤師は、何よりコミュニケーション能力を要する職業となっていますから、就職自体難しくなってしまいます。

確かに、少し前より、薬剤師の職業は、幅広くなっておりますが、一昔前のように、薬学だけあれば、通用するという資格では、無くなておりますから、そうした事も含め、薬剤師を目指す場合は、きちんと認識し、将来性も構築しておく必要があるといえるのです。

<PR>
経理転職サイト最近人気ランキング ※http://経理転職.net/
これから経理で職替えをしたい方へ向けた総合サイト。条件別・事例別の経理求人なども。