ドラマチックな嘘も?

タイの洞窟で少年サッカーチームの子供達が閉じ込められてしまった事故は去年の7月の事だったんですね。
もう何年も前の出来事かと思いました。
救出してすぐに映画化の話しがあるなんて話題もあったけど本気にしていませんでしたが、奇跡の救出の映画は撮られていたようです。
出演者の中には救出活動に参加したダイバーも参加しているそうな。
こういうのを映画化して見たいと思うのかな?と疑問です。
すくなくとも自分は見たいとは全く思いません。
実際に起きてしまって救出の速報をリアルタイムで知ったからこそ、それはそれでおしまいですよ。
結果を知っている以上、ドキドキハラハラもないですし。
そもそも現実にドラマチックな嘘を入れるんだろうなと思うと興ざめです。

早すぎることが良いのかどうか

先日、先輩薬剤師Lさんが言っていたこと。
昨日の夜のけっこう遅い時間にヨドバシで注文した商品が朝の8時に自宅に届いてドン引きしてしまったそうです。
だってものすごい短い期間ですからね。
夜中に働いている人がいるのはもちろん知っていますけど、誰かの何かを搾取してしまった気分になってしまい自分でお店行けばよかったとか反省したそうです。
反省するなんて優しい先輩ですよね。
まあ、自分も少しは罪悪感が残るかな。
ネットとか使わないで自分で直接買いに行けるものだとか場所に自分が住んでいればいいですけど。
そういうのがない自分としてはネット注文がないと困ります。
出来ることがあるとすれば、余裕をもって配送するようにするくらいかな。

お肉のようでお肉ではない

代替肉がアメリカではかなり進んでいるそうです。
実家でもお肉でつくったハンバーグ風の、ものをよく買って調理していますね。
ファストフードで増えているようです。
見た目はお肉にしか見えないし、味も言われなければわからないくらいのものが
卵もあるんですね。
豆でつくった液体を使い、見た目は卵のようにふわふわ食感の仕上がりになる。
エビやサーモン、北京ダックなどなど。
卵アレルギーの子供などには良いですね。
ただ、海外のファストフードって日本よりもかなりボリュームがありますよね。
そもそもその量をなんとかした方がいいのでは?って思ってしまいました。
美味しいのであれば体に良いものを選びたいと思いますので、まずは試さないとわかりませんね。

不正アクセスが話題

クロネコメンバーズの不正アクセスが話題になっていたのでドキリとしました。
自分も登録をしているので、情報が流出しているかもしれませんからね。
自分のページにログインして、普段通りに使用できれば流出の対象外だそうです。
やってみたら出来ました!
良かったと一安心です。
まあ、クロネコメンバーズにはクレジットカードを登録しているわけではないのでたいしたことはないのですが。
あ。住所や氏名が偽りなく入力してあるからそれはやっぱり流出して欲しくないかな。
自宅が知られてしまうというのは怖いですからね。
とにかく対象者じゃなくて良かったです。
いろいろなことがネットで管理されていて便利にはなったけれど、やはり情報というのは流出してしまうものなんですね。

サーキット場で中古車場

福島県二本松は自分にとって繋がりの深い場所でもあるので、ニュースなんかで目にするとひきつけられてしまいます。
世界ではじめてドリフトが出来るサーキット場があるらしいですね。
そしてそこには外国人がたくさんきます。
ワイルドスピードで人気が出ていてドリフトをピーアールする動画を流したら世界中で有名になったんだとか。
サーキット場で中古車場があって、そこで車を買ってもらうということにもつながります。
つぶしても良いとその場で買ってその場で捨てる?ということでしょうね。
ドリフトはしてみたいけど、街中でやるわけにもいきません。
法を犯したいわけではないけど、やってみたいという人には素晴らしいサーキット場でしょうね。

「告白の余白」

初読み作家さん、下村敦史さんの「告白の余白」を読みました。
自殺した双子の兄の謎を追うというもので、京都のお話しになります。
この本を読んで心底怖いのは京都の人の裏に秘められた嫌味です。
老舗を背負う人ばかりだからそういう風になるだけで、京都人がみんながみんなそうではないと本の中にもあったけど、これを読んで京都の人間とは関わり合いになりたくないとまで思ってしまいました。
思っていることを言葉に出すのは下品とか、相手を思ってとのこと。
それはそうでしょう。
でも、その裏には強烈な嫌味が秘められているなんて怖すぎます。
皆が裏を読もうとする人達ですよ。
そんな生活をするのは完全に無理だし、ひねくれていると思うし、とにかく最悪です。

「飼い犬も一緒に埋葬して」

「飼い犬も一緒に埋葬して」とアメリカ人女性の遺言どおりにまだ元気な犬を安楽死させたというニュースを耳にしました。
元気でこの先も生きられる犬を安楽死させたなんて信じられません。
ただ、亡くなった女性の意思は自分がなくなったらすぐのことをさしているのか、はたまた犬の寿命が尽きたときに自分のお墓に入れて欲しいという意味なのかはわかりません。
細かいことはわかりませんが、女性の親族が犬を預かっていた団体にどう説得されようとも応じずに安楽死させたというのが事実です。
亡くなった彼女からそうするように言われていたのか、遺言でそう書かれていたのをすぐにお墓にいれて欲しいと解釈したのか。
それは大きく違いますよね。
どちらにしても犬の命は人間のものではありません。

「サリン」と書かれた箱

住宅街地に「サリン」と書かれた箱があったら、誰だって驚きますよね。
宮崎市でのことで、住民が不審な段ボールがあると警察に通報しました。
パソコンで印字された文字の「サリン」
オウムサリン事件があったのだから、ある程度の年齢がいっている人であればサリンが怖いものであると分かります。
防護服を着た警察の機動隊によって回収されて、袋に入った液体が見つかりました。
無色透明で無臭のものです。
健康被害はなく、成分を調べているそうですけどおそらく本物のサリンではないんでしょうね。
それにしても物騒だし酷いいたずらですよ。
この手のお騒がせなことをする人の気が知れません。
人間レベルが低すぎですよ。
こういう人には願わなくても天罰が下ると思います。

カラスの大発生

カラスの大発生の映像を見ました。
鳩も嫌いですがカラスももちろん嫌いです。
青空が真っ黒になるくらいの大群のカラス映像。
電線にびっしりと止まっている姿とか気持ちが悪いです。
だって雀とかなら可愛いけれど、カラスは大きいサイズですし。
上で飛ばれるのも嫌ですけど、フンがとにかくすごい量。
そしてうるさいし、ゴミを荒らされるし、実のある木は狙われてしまいます。
住民は車や家にフンが落ちてくるのが大変です。
冬に現れて年々増えてくるようです。
寒くなると中国大陸の方からくる渡り鳥で集団で行動する。
ねぐらにされてしまった地域の人はかわいそうですね。
九州地方が中心だったのに、今は石川県や島根県、秋田県にもくる。
大きな音で追い払うくらいしかできないなんて困りますね。

ボロボロの1億円

愛媛でボロボロの1億円の寄付があったそうですね。
どれくらいボロボロかというと、お札とお札がくっついてしまいひとつのかたまりになっている状態です。
カビなのか謎の汚れなのかわかりませんけど適当に剥がすとやぶけそうですけど、あれはいったい誰が処理するんでしょうかね。
知事は豪雨の復興などに役立てないとのことでした。
まあ、合法的なお金じゃないような気がしますけど、本人や身内ではなくて寄付として人の役に立てようとするのであれば全く問題はないですよね。
こうやって公表しているからには他からの事件性などの圧力もかからないでしょうし。
ふるさと納税の違反とかで政府と対立中の自治体よりも正当な理由で潤うことができて良かったでしょうね。